クライアント様の声

園畑知栄子さん

閏間由美子さん

・コンサルティングを受ける前の課題はどんな課題がありましたか?

コーチングは10年以上続けていて、細々ながらもクライアントが0人になることはありませんでした。リクルート時代の営業や研修登壇経験から、ある程度は、どんな人にも対応できる器量も培ってきたと思います。ですが、ITに対しての苦手意識が大きく、ネットを使って幅広く顧客を獲得するイメージが全く湧きませんでした。子育てに専念していた時期でもあり、パソコンの前に1時間以上座ること自体にハードルを感じていたほど。さらに、自分をアピールする事への嫌悪感・抵抗感も持ち合わせており、ブログを書くことも、激しく躊躇していました。

また、前述の通り、子育てに専念している時期と重なり、それほど多くのクライアントを持ちたい、という気持ちはありませんでした。土日祝といった子供がお休みの日は、セッションを入れられない状況であり、まだまだ寝かしつけが必要な子供達ですから、平日の夜のセッションも難しい状況にありました。私がセッションできるのは、平日の日中のみ。つまり、フリーのコーチとしてのゴールデンタイム(?)、ほぼ多くの方が望む時間帯にセッションができないという状態でした。

・その課題に対して、コンサルティングを受けるまではどのようなことをされていましたか、またその成果はどのような成果があったでしょうか?

コンサルティングを受ける前、クライアントはCTIのアシスタントでコースに入ったときにお声がけ頂いた方や、CTIのHPから、あるいは知人からの紹介のみで細々と続けておりました。平日のみとお願いするものの、なかなか難しくお断りするケースもありました。

・コンサルティングを受けた結果その課題はどのようになりましたか?

まさか、私がブログを書くようになるなんて!!という驚きがまず一番です。ブログからの問い合わせでクライアントになった方は、まだ少数ではありますが、何人かに「ブログ、読んでるよ」と声をかけて頂けるようになり、それが嬉しく励みになっております。最近では、「集客するために」書くというよりも、「ただただ楽しいから」書く、という感じになっております。たとえ、クライアントにならなかったとしても、私のブログを読んで、元気がでた、苦しみが軽くなった、悩みがちっぽけに感じるようになった、といった方が増えたら嬉しく感じております。今では、たった一人だとしても、誰かのお役に立てるような内容を書こう、という思いで書いております。

また、不思議なことに新しいクライアントは、平日の日中のセッションを希望される方ばかりになりました。企業の役員や営業職で、比較的自由に動ける方達なのですが、こちらから条件を伝える以前に「そのつもりでした。」という感じなので驚きです。

・平田淳二のコーチ向けコンサルはどのような感じでしたか?

私のワガママに本当に辛抱強く、常に寄り添って頂きました。コンサルとしてプロの意見をバシッと言って、やるべきことを明確に提示して頂けました。また、そもそもプロコーチとしての在り方も活かして、私の気持ちや想いにも寄り添って頂きました。

コンサルを受けている中で、今まで進めてきたことが全て白紙になるような、まさにテーブルをひっくり返すような大どんでん返しをおそらく2、3回はしたと思います(笑)そのようなことが起こるたびに、無理に推し進めることはせず、本当に辛抱強く、私自身に寄り添って頂きました。また、そもそも、それほど多くのクライアントが欲しいと思っていない、自己アピールすることに抵抗感を持っている、パソコンに長時間座っていられない、という難しいクライアントである私(笑)でしたが、それら全てを受け入れてくださいました。本当に有り難い存在でした。感謝しかありません。
。ありがとうございました。

・どのような人におすすめしますか?

・コーチングには自信があるが、集客には自信がない。あるいは、全くやり方が分からない。
・コーチングを生業とする覚悟はあるが、ITが苦手
・どのようにして、クライアントのターゲティングをしたらいいか分からない。
・マーケティングの知識がなくて、どうしていいか分からない。

吉本のぞみさん

・コンサルティングを受ける前の課題はどんな課題がありましたか?
新規のクライアントさんがなかなか増えなかったこと。継続中のクライアントさんがどんどん卒業するタイミングでもあったのでとうやって新規クライアントさんを増やすかが大きな課題でした。

・その課題に対して、コンサルティングを受けるまではどのようなことをされていましたか、またその成果はどのような成果があったでしょうか?
継続中のクライアントさんにどなたか紹介できないかお願いをしたり、無料コーチングをFacebook上で案内したり、自分主催のイベントでコーチングセッションを設けたりして、コーチングを紹介していました。しかしここ半年間はどれも不発に終わりました。

・コンサルティングを受けた結果その課題はどのようになりましたか?
コンサルティングを受けてから半年の間で新規クライアントが5名増えました。今現在も無料サンプルコーチングの問い合わせが何件か来ています。

・平田淳二のコーチ向けコンサルはどのような感じでしたか?
ハウルさんご自身がコーチングをビジネスとして展開する中でたくさんの成功と失敗を繰り返し、どんどん進化させていっています。その中で特に押さえておくエッセンスを学べました。行動と学習を気楽に軽く回して行く(変に深刻にならず、でも前進させていく)、そんなコンサルティングでした。

・どのような人におすすめしますか?
このコンサルティングはCPCC を取得しても上手く活用できてない方、特に企業に勤めてながらコーチングをしている方にオススメです。私は起業は今のところ考えてなく、会社員とコーチの二足の草鞋を履いてますが、自分のコーチとしての在り方を徹底的に考えることができ、そして自分のオリジナルコーチングが見つかりました。

40代匿名希望

・コーチングを受ける前どんな悩みや問題を抱えていたか
上司との関係

・コーチングを受けて、どんな変化があったか
今までにない考え方などアドバイス頂き、上司との関係でストレスが減った
大きな変化は起業することに対して後押ししてくれた

・コーチングを受けていなかったらどうなったか
上司との関係も改善されず、起業はしていなかったと思う

どのような人に平田のコーチングをおすすめするか
・あまり自分自身と向き合う機会がない方(上司がいないなど)

平田のコーチングはどんな感じでしたか
・非常に面白く、自分で気づかない部分を考えさせてくれて非常に勉強になった

40代女性 F.Hさん

いつも、どのような状況でも、私の力を信じ、より充実した人生を歩んでいくことをサポートしてくれるコーチングは、とてもパワフル。
新たなアイディアや視点を自分の中からどんどん引き出してくれることで、本来の自分、そしてもともと持っている自分の力に気づくことができる。平田さんのコーチングは、自分自身もパワフルになる。
これからも、どんな力や可能性が自分の中から出てくるのか、とても楽しみです。

40代男性 Y.Aさん

王道のコーチングと違う!それが一番良かった
テーマをかっちり決めて、そしてそこからぐーっと内面に入ってくる。小さな雑談からこんがらがっていた糸が
知らない間にほどけている。
コーチング然としていない。例えると映画のカンフーの師匠がカンフーをしていないのに知らない間に相手を転がしている。そんな自然なコーチング。

50代女性 M.Sさん

2週間に1回受けることにより、新しいものが開けて、生まれてきた。
何気ない一言が響く。
コーチが同じものを見てくれる。動くと視座が上がり、視野が広がりワクワクすることが増えました。
結果として、動いてうまくいかなくても何かしらの気づきや学びをコーチングで深めることができます。
この行動と学びのサイクルが回ることで、人生が彩り豊かで充実したものになっています。

無料メルマガ