反論を乗りこえる方法

やりたいこと専門家コーチの平田淳二です。

私はコーチングや対話手法を一般の方や企業で伝えるということを行っていますが、トレーナーをやっていて一番面白い時は、反論がでるときです。

通常、講師やトレーナーをしているときに、教えたことに反論がでることはあまりおもしろくないというか、焦ってしまったりするものです。私もコンサルタント時代やいまの仕事の駆け出しの時は焦って、言葉数が増えたり、論理で説得するようなことをしていたと思います。

現在の自分はどうかというと、反論が出た時は、あまりよくないかもしれませんが、嬉しくなってしまいます。その時にの心もちは

「いいことを言うな〜、確かにそうとも言える」

という心境です。本気でそう思っています。

そこから、じゃあ次に自分がどのような対応をするかを考えるわけです。

解説をすると

「しっかり受け止めて、そこから対応をする」

というスタンスです。しっかりと受けとめてもらわないと、反論を話した方も納得しないと思いますし、自分自身もその方の真意がわかりかねて、間違った対応をするかもしれません。

これは、自分が何か新しいことを始めた時に、周りから起こる反応にもあてはまります。

周りから何か反発的なエネルギーを感じた時に、自分はこれがやりたいからやっていると突っぱねて自分自身の殻に入ってしまうのと、周りの意見もしっかりと受けとめて、しっかりと対話をして、逆に自分のやりたいことへの応援者になってもらってこそ、やりたいことに心から集中できる環境になっていくのではないでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。