さよなら to do リスト!

しごとでto do リストを使っている方は多いと思いますが、

 

私は to do リストを使っていません。

 

しごとが少ないわけではありません。結構働いています。

なぜ、使っていないかというと

 

私は会社員時代、コンサルタントや営業をやっていた時はto doリストを使っていました。

やらなければいけないことが多く、そのときの自分なりの仕事術としてはto doリストを朝早く会社にいって処理して、ゆっくりと一日を過ごそうとしていました。

 

うまくいっている気がしていたわけですが、いつの日か気づきました。

 

 

to do がどんどんどんどん増殖する!

 

 

to do が映画のゾンビのように増えていくわけです。

 

やっても、やってもなくならないどころか、増えていく、、、

また、to doが自分の人生の主役で、自分がそれに従っている用な感覚になりました。

 

 

さよなら to doリスト

 

を決めました。

 

でも、やるべきことは多くあるので、私は記憶とスケジュール帳でそれを覚えておくことにしました。

 

スケジュール帳に予定が書いてあります。

そこから、その予定には何が必要なのかを考えて行動するようにしています。

 

それが、何がいいのかというと、自分で主体的に行動を選択できることです。

 

人と協働して何かプロジェクトをするときは、タスクリストを使っている風ですが、基本スケジュール帳ベースの記憶で行っています。

 

とはいえども記憶も万能ではないので、早く仕事にとりかかるようになっています。

 

すると、しごとがはやい人間になっていきます。

 

意識の変化でしごとのやり方が大いに変わってきます。

 

 

しごとを根本的に変化させたいご相談はこちらからお願いします。

お問い合わせ

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。