変化をすることは怖いことです

自分が変わりたい、でも変わるのは怖い

という言葉をよく聞きます。

特にコーチングを受けることによって、自分が変わることが怖いという声です。

自分でも、怖いと思います。

 

この怖さは 「わからないこと」 が原因です。

 

コーチングがよくわからないというよりは、変わるという概念や変わったあとの自分の生活がよくわからないから怖いのです。

自分が知らないことをやることや知らない場所にいくことにワクワクする人もいますが、そういった人も少しは不安を感じるのではないでしょうか。

自分が変わるということがどんなことかを知っていると、その気持ちは少しは和らぎます。そしてワクワクに変わっていきます。

コーチングは、人に命令されて変わっていくといよりは、自分が本当にやりたい、なりたいと思っている方向に進んでいくものなので、そんなに怖いものではありません。

それでも怖いという人は、自分が本当にやりたいことや理想の姿を知ることが怖いのかもしれません。

でも、そういう人の気持ちがすごいわかります。
私も、そうでしたから。
コーチングをはじめた当初は、自分の本当の願いを聴いて、そこに向かって行動を前に進める力のあるコーチをつけるのはとても怖かったですから。

だからこそ、自分は前に進めることを大事にするコーチになったのかもしれません。
怖さの奥には、本当の願いが隠れているので。

 

本当にやりたいことをやるためのtipsが毎週届く無料メルマガはこちらから登録してください。メルマガ読者はコーチングの割引特典があります。

本当にやりたいことをやるための51のGIFT

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。