値切りの3つのポイント

さっきまで日本で1,2を争う暑い街

「多治見」

にいました。

車外温度が41度です。とんでもないです。

 

多治見に行った理由は、自分の心の熱さを思い出す
ために、熱い街に行ってみようという思いで、
日本1,2の暑い街に行きました!

もちろん冗談です。そんなことをするわけはありません。

ニコンのアウトレットショップでカメラを買いに
きたのです。

 

動画を一眼で撮ったほうが映りがいいだろうという
仕事上の理由で、買いにきたわけですが、

 

普段は、人見知りが強く店員さんと話すことも
しない人間なのですが、家電系だけは豹変します。

 

自分でも驚きの値切り王に変容します。
もともと安いアウトレットにもかかわらず、
私は値切りを始めます。

 

冷静な口調で、

 

「これ、いくらになります」

 

「もともとプライスダウンしているので、この
価格になります。」

 

「他の店はもっと安いですよね」(実はここの店は結構安い)

 

「もっと安い店があるかもしれませんが、私どもは
この価格で」

 

手強い、まったく値下げする気がない

 

そこからしつこく、いろいろな機種を見たりして、
やっぱりこれがいいなぁといって、

 

 

30分ぐらいして、

 

 

5000円安くなりました\(^o^)/

 

交渉のポイントは3つです。

1 どうしてもこの商品がほしいということをアピール
2 どうしてもこのお店で買いたいということをアピール
3 価格の入念なリサーチ

 

おまけ 店員さんに最大の感謝、ここで買ってよかった〜。(本当に)

Follow me!