遊びを仕事に使う3つのポイント

from 平田淳二

今日は浦安の自宅です。

 

きましたシンガポールみやげ!

 

まーらいおん

 

想像を超えた感じです。

 

娘からのおみやげで、うれしいっちゃーうれしい
でも、どこで使えばいいの?

 

ってヤボなことは私は考えません。(少しは考えたけど、、)

 

少しまじめになると、
いっけんムダなことやアホらしいと思えるところを
仕事に使うことに私は喜びを感じます(変態?)

 
何事にも真面目に考えすぎることはありませんか?

 

 

仕事のなかに遊びを入れてみたらどうなるでしょう。
遊びがあることが、効率、成果重視の仕事に、潤いを
与えてくれます。

 
そして結果として、いい成果やモチベーションの持続力
をうむことにつながっていきます。

 
この「遊びがある」ということはコーチングにおいては
普通のことで、コーチング中の脱線が、クライアントの
視点の変化につながったりもします。

 
遊びがあることで、仕事の相手との関係性も変わって
きたりします。

 

「遊び」を仕事にいかしてください!

 
そして、この「遊び」を仕事に使うポイントが3つあります。

 

1 仕事につなげようと考えない。
その時は遊びましょう、脱線しましょう。あとから仕事に
どうつながるかを考えてください。

 

2いろいろなことに好奇心
一見仕事と関係ないことに好奇心をもって毎日を
すごしてください。

 

3自分を開示する
恥ずかしい趣味や誰も興味なさそうな嗜好も、人に話して
みるといいです。相手がまったくのってこなくても、
それはそれで場が潤います。

 

4楽しもう!!
遊びを楽しみましょう!

 

この4つです!

Follow me!